未分類

公務員パイロットとは

ヘリヘリコプター操縦士として、官庁、民間企業と幅広く活躍できる場がありますが、中でも公務員パイロットを目指すのであれば、やはり官庁での就職狙いということになります。警視庁、警察庁の航空隊、東京・各自治体の消防航空隊、海上保安庁のパイロット等があります。安定した職場、収入ということで、公務員人気は衰えることがありませんが、同じ公務員を目指すのであれば、特殊な免許を持つ者だけが許される公務員パイロットを目指してみてはいかがでしょうか。

パイロットの仕事は、限られた人にだけ許される業務の為、毎年募集をしたとしても、募集資格に該当する人材が不足しているという現実がありますので、同じ公務員採用試験でも合格率が高くなるというメリットがあります。少子化、職業の多様化により目指す人も少なくなる傾向にあると言われていますので、ヘリコプターの操縦士になりたいという夢を抱いていたという方は、今からでもヘリコプターの免許取得をして、公務員パイロットを目指してみることをお勧めします。ただし、真剣に取り組まないと費用も時間も無駄にしてしまいかねません。ちゃんとスクールについて下調べをし、試験についてもより詳しく事前確認をしましょう。