未分類

免許を活かせる職業

勉強ヘリコプターの主な業務は、人命救助や物資輸送になります。プロのライセンスを持つことで、他の人にはできないヘリコプターの操縦士となることができ、安定した職業、安定した収入を得ることができますので、お勧めの職業と言えるでしょう。もちろん、ヘリコプターの免許取得の為には、国土交通省が行う試験に合格しなければなりませんし、それなりの時間と費用がかかってきます。より効率よく、計画的にヘリコプター免許を取得することが、操縦士としての就職の最短ルートとなります。飛行時間が必要となる為、免許取得の為には専門のヘリコプター免許スクールへ通うことになります。そこで座学や技能の講義を受け、試験合格の為のカリキュラムを受講します。実際に受講されている方が周りにいるという方は少ないと思います。情報については問い合せるか、実際に学校へ行って説明を受けるようにしましょう。

ヘリコプターの事業用操縦士免許を取得して業務できる職場とは、海上保安庁、国土交通省、各都道府県警察、消防庁等の官庁の他に、遊覧飛行、操縦訓練、空撮、チャーターフライト、農薬散布、材木等の運搬、防災ヘリコプター、ドクターヘリ、報道、新聞社、VIP輸送等の民間会社もあります。