未分類

免許のとり方について

ヘリコプターの免許の取得方法ですが、ヘリコプターの飛行時間が必要になる為、現実的にはスクールへ通って取得することになります。事業用操縦士免許を取得される場合でも、まずは自家用操縦士免許を取得している必要があります。

個人差がありますので目安になりますが、航空身体検査を経て、日本で定められた飛行時間の条件をクリアする必要があります。単独飛行を10時間以上、野外飛行5時間以上(野外飛行の場合は180km以上の距離と最低2回の着陸も必要)、同乗教育飛行20時間以上、更に、単独操縦が最低1回、他にも、オートローテーション着陸が1回は必要です。実地試験(口述試験と実技試験)に合格すると、免許取得となります。あるいは、海外でヘリコプター免許を取得し、書き換えるという手段もあります。

ヘリ自家用操縦士免許の取得後、機長として野外飛行を10時間以上、夜間飛行5時間以上、機長としての飛行時間は総合計35時間以上、野外飛行の時、300km以上飛行した場合、途中に二回以上の着陸を最低1度行う必要があります。更に、夜間飛行の場合は、5回以上の離着陸、オートローテーション着陸を最低1回等の条件のクリアが求められます。事業用の実地試験は必ず日本での受験となります。