未分類

公務員パイロットとは

ヘリヘリコプター操縦士として、官庁、民間企業と幅広く活躍できる場がありますが、中でも公務員パイロットを目指すのであれば、やはり官庁での就職狙いということになります。警視庁、警察庁の航空隊、東京・各自治体の消防航空隊、海上保安庁のパイロット等があります。安定した職場、収入ということで、公務員人気は衰えることがありませんが、同じ公務員を目指すのであれば、特殊な免許を持つ者だけが許される公務員パイロットを目指してみてはいかがでしょうか。

パイロットの仕事は、限られた人にだけ許される業務の為、毎年募集をしたとしても、募集資格に該当する人材が不足しているという現実がありますので、同じ公務員採用試験でも合格率が高くなるというメリットがあります。少子化、職業の多様化により目指す人も少なくなる傾向にあると言われていますので、ヘリコプターの操縦士になりたいという夢を抱いていたという方は、今からでもヘリコプターの免許取得をして、公務員パイロットを目指してみることをお勧めします。ただし、真剣に取り組まないと費用も時間も無駄にしてしまいかねません。ちゃんとスクールについて下調べをし、試験についてもより詳しく事前確認をしましょう。

未分類

免許を活かせる職業

勉強ヘリコプターの主な業務は、人命救助や物資輸送になります。プロのライセンスを持つことで、他の人にはできないヘリコプターの操縦士となることができ、安定した職業、安定した収入を得ることができますので、お勧めの職業と言えるでしょう。もちろん、ヘリコプターの免許取得の為には、国土交通省が行う試験に合格しなければなりませんし、それなりの時間と費用がかかってきます。より効率よく、計画的にヘリコプター免許を取得することが、操縦士としての就職の最短ルートとなります。飛行時間が必要となる為、免許取得の為には専門のヘリコプター免許スクールへ通うことになります。そこで座学や技能の講義を受け、試験合格の為のカリキュラムを受講します。実際に受講されている方が周りにいるという方は少ないと思います。情報については問い合せるか、実際に学校へ行って説明を受けるようにしましょう。

ヘリコプターの事業用操縦士免許を取得して業務できる職場とは、海上保安庁、国土交通省、各都道府県警察、消防庁等の官庁の他に、遊覧飛行、操縦訓練、空撮、チャーターフライト、農薬散布、材木等の運搬、防災ヘリコプター、ドクターヘリ、報道、新聞社、VIP輸送等の民間会社もあります。

未分類

免許のとり方について

ヘリコプターの免許の取得方法ですが、ヘリコプターの飛行時間が必要になる為、現実的にはスクールへ通って取得することになります。事業用操縦士免許を取得される場合でも、まずは自家用操縦士免許を取得している必要があります。

個人差がありますので目安になりますが、航空身体検査を経て、日本で定められた飛行時間の条件をクリアする必要があります。単独飛行を10時間以上、野外飛行5時間以上(野外飛行の場合は180km以上の距離と最低2回の着陸も必要)、同乗教育飛行20時間以上、更に、単独操縦が最低1回、他にも、オートローテーション着陸が1回は必要です。実地試験(口述試験と実技試験)に合格すると、免許取得となります。あるいは、海外でヘリコプター免許を取得し、書き換えるという手段もあります。

ヘリ自家用操縦士免許の取得後、機長として野外飛行を10時間以上、夜間飛行5時間以上、機長としての飛行時間は総合計35時間以上、野外飛行の時、300km以上飛行した場合、途中に二回以上の着陸を最低1度行う必要があります。更に、夜間飛行の場合は、5回以上の離着陸、オートローテーション着陸を最低1回等の条件のクリアが求められます。事業用の実地試験は必ず日本での受験となります。

未分類

ヘリコプター免許とは

ヘリコプターの操縦をしてみたいと思ったことはありませんか。そもそも、ヘリコプターの操縦ができる人はどんな人かというと、車の運転と同様、免許を持った資格者だけが操縦することができます。また、普通免許にも一種と二種があるように、ヘリコプターにも自家用操縦士免許と、事業用操縦士免許があり、趣味で使用するのか、仕事として必要なのかによって取得する免許が異なってきます。一般的に、自家用のヘリコプターの為に免許をとるという人は稀ですので、ほとんどの希望者が事業用操縦士免許をとることになりますが、ヘリコプターの免許とはどのようにとることができるのでしょうか。

勉強事業用操縦士免許をとるためには、実はまず自家用操縦士免許を取得する必要があります。趣味で終わる方はここまでですが、仕事の為となると、もう一歩先の資格をとる必要があります。費用や時間も相当かかることになりますので、免許取得の為の勉強についてはきちんと計画を立てる必要があります。ヘリコプターの免許でも、車の免許取得のように、ヘリコプター免許スクールへ通って取得することが一般的です。ヘリコプターにも免許スクールがあるのかと驚く方もおられるかもしれませんが、日本にも全国にスクールがあります。ヘリコプターの操縦士になりたいという夢がある方、何か特殊な仕事に就いて高収入を得たいと思われる方等、これから免許取得をされる方の為に、ここではヘリコプターの免許ついて説明をします。